本・コミック

ハクメイとミコチの7巻が出たよ

そういうわけで、年に一度のお楽しみ、「ハクメイとミコチ」の7巻が発売されました。やった!(といっても発売されてから2週間も経っちゃいましたが)。  某熱帯雨林で発売を知り、「すわ、今年も出るか!」と、発売日翌日に(ココは地方都市なの...
ゲーム

いにしえゲーム血風録 二十回の均衡 「ダライアスとオレ(Captain Neo編)」

 さて血風録もあれよあれよと続きまして、二十回を数えることになりました(あくまでもタイトル数なので、連載回数はもっと多いですよ)。ここまで半ば諦めの境地でお付き合い下さった皆様、ここに厚く御礼申し上げます。  そこで二十回を数えた今...
未分類

帰ってきた 「バスクリン薬湯 温感EX」

 それは去年の頭のこと、帰省した次兄が携えてきた秘薬(おおげさ)にたいそう驚愕、そして感激した私は、この秘薬のことを嬉々として当ブログに書きこみました。が、残念ながらその秘薬はブログに掲載して間もなく、世の薬局の店頭から姿を消してしまいま...
グルメ

大人なガリガリ君 バナナ

 これまで様々な珍奇フレーバーを投入してきた「ガリガリ君」でおなじみの赤城乳業が、この冬も(と言っても去年の12月)やってくれました、待望の新商品が登場です!その名も「大人なガリガリ君・バナナ」であります! …なんだ、この「大人なガリガリ君...
本・コミック

さらば!半世紀高校!の巻

 当ブログが中断していた9月のことです。私が敬愛、いや崇拝、いや盲信している大橋ツヨシ先生の最新作「オハヨー!半世紀高校」の2巻が満を持して発売されました。 発売を知るや、あたしゃもぅ、嬉しくって嬉しくって、コーヒーを煎れる温度は間違えるわ...
おすすめ

プレミアムモルツ・ディープアロマ

 さて今回ご紹介いたしますは、サントリーのプレミアムモルツより新銘柄「ディープアロマ」であります。 ご存知のようにプレミアムモルツは前身(と言っても今でも販売されていますが)の「ザ・モルツ」から続く「麦芽・ホップ100%」を謳う本格ビールで...
グルメ

あンた、ウィルキンソンのジンジャエールを飲みなはれ

 今回は当ブログ恒例(?)の「好きなものを褒めちぎっては投げる」としまして、またまたウィルキンソンから、知る人ぞ知るネクタル(神の酒)、ホントに辛い「ジンジャエール」をご紹介いたします。 とは言うものの、ウィルキンソンのジンジャエールは大正...
健康

酒は飲んでも飲まれるなという話(かどうかは微妙)

 さてさて皆さま、いよいよいよ年末となりましたね。年末と言えば唾棄すべき悪習楽しい忘年会の季節であります。一年の労をねぎらい(ところでこの「労をねぎらう」という言葉、漢字で書くと「労を労う」となるのですが、これは日本語として正しいのでしょう...
本・コミック

小坂俊史 「ハルコビヨリ」

 さて、今回ご紹介する作品は平成のウェルギリウス(誰だ)である小坂俊史先生の快作「ハルコビヨリ」であります。以前にご紹介した「新婚よそじのメシ事情」を足掛かりに、これまでに小坂作品をアレコレ読んできまして、やっぱり以前に紹介した「ラジ娘のひ...
ゲーム

いにしえゲーム血風録 再来年「出撃の刻 ~じったい編~」

 前回までの徒然:いっちょまえにゲームミュージックについて語ることにしたボンクラだが、案の定「ゲーム開始時の曲(ジングル)」というあまりにもニッチなジャンルに焦点をあてるという、文字通りの迷走を始める。それでも過去の名作群のおかげでそれなり...
ゲーム

いにしえゲーム血風録 再設定 「出撃の刻 ~じっさい編~ 」

 ということで、今回の血風録は「ゲームミュージック」、特に「ゲーム開始時の曲(少々意味が違いますが、便宜上「ジングル」としますよ)」に絞ってお送りするわけですが、その前に、「ジングル」とはどういうものを指すのか、わたくしの独断と偏見とワガマ...
ゲーム

いにしえゲーム血風録 再起動 「出撃の刻 ~のうがき編~ 」

 どうもご無沙汰しておりました、手遅れゲーム脳のtodomeであります。ちょっとアレコレありまして更新が滞っておりましたが(PCがネットに繋がらなくなった。が、Wii-Uでネットを利用していたので不便はなかった。が、Wii-Uのソフトウェア...
日常雑記

結婚する、というかしました

こんばんは!moecoです。 ものすごーくお久しぶりなブログです。 書くこともないまま、月日だけが過ぎてしまい、歳だけは取っていく、まさにそんな日々でした。 しかし、そんな私にも衝撃的な展開が!! つい最近・・・ 結婚...
おすすめ

グリコ 「牧場しぼり」

 ということで、今回はグリコのアイスクリーム「牧場しぼり」についてお話しようと思います。「牧場しぼり」は2002年から発売されたアイスクリームで、「しぼって3日以内の新鮮ミルクを使用」しているのがウリ。公式サイトによれば「牧場で食べたような...
くらし

火急特別企画 「運とはなんぞや(かえる編)」

 前回、「運は貯まるものと考える人」と「運には波があると考える人」をご紹介し、果たして運はどちらの側面を持つものなのか、という問題提起をしました。そして検証として、「運が貯まるものであるのならどのようなことになるのか」、そして「運に波がある...
本・コミック

とよ田みのる 「金剛寺さんは面倒臭い」

 さて、全世界待望の(誇大妄想)「春の東映まんがまつり」、紆余曲折ありましたが、ついにフィナーレと相成ります。 長かったなァ…、本当に…、不意に「運とはなんぞや」と思い付いてみたり…、「あッ、『いにしえゲーム』ほったらかしじゃんか!」と気が...
ゲーム

いにしえゲーム血風録 十九回裏ドラフト1位登場「レイフォース(Lock On Laser編)」

 前回までのアレコレ:「レイフォース」を遊んでみたくなったボンクラは、「レイフォース」を開発したタイトーの直営店に勇んで入店。特にドラマもなくカンタンに見つかり、「コイツはステキにオモシロカッコイイぜ!(魔神英雄伝ワタル風)」とどっぷりハマ...
くらし

緊急特別企画 「運とはなにか(なめくじ編)」

 さて「春の東映まんがまつり」の途中ですが、ここで緊急特別企画として、ヒトの人生を大きく左右する要素「運」について考えてみたいと思います。決して「東映まんがまつり」のネタがなくなったわけではありません、念のため。その証拠に次回の「東映まんが...
本・コミック

冬目景 「黒鉄・改」

 今、ギョーカイ大注目(してほしい)、各方面で大反響(になる予定)、ナウなヤングにバカウケ(死語)の「春の東映まんがまつり」、第2回は冬目景先生の「黒鉄・改(くろがね・かい)」であります。マンガをこよなく愛する方々の間では、「冬目景」と聞け...
IT関連

【スクー】より「一生使える睡眠の技術」

生活習慣や時間の使い方が出来てないと長らく課題に思っていました。   以前紹介したビジネス系動画サイト「スクー」さんではこうした悩みにも対応した動画が用意されている。   題して「一生使える睡眠の技術」。 1回目が「よくある睡...
本・コミック

道満晴明 「メランコリア 上」

 このところ新刊を次々と買いまして、そのどれもが面白く、「桃源郷はニポンにあったのか!」と打ち震えましたので、今回からしばらくは「春の東映まんがまつり」と題しまして、オススメのマンガをご紹介しようと思います(意味が違う)。で、第1回の今回は...
グルメ

オレは村中で一番、ウィルキンソン好きと言われた男。

 ということで、今回は恒例「好きなものを褒めちぎる」としまして(前回はもちろん「ドクターペッパー」であります)、ウィルキンソンの炭酸水のお話を一方的にさせていただこうと思います。逃げるなら今のうちです。…おや、逃げませんね。…戻れなくなりま...
ゲーム

いにしえゲーム血風録 十九回裏助っ人外国人「レイフォース(Cybernetics Link System編)」

 前回までのあらすじ:ゲームと飯が楽しめるワンダーランドに入り浸る私だったが、盟友にしてサムライである「二次元大好き氏」をテッカテカに微笑ませるSTG「レイフォース」に興味を抱く。案の定ゲーメストに記事が掲載されており、しかも全面攻略記事だ...
グルメ

アイスクリームになんかかけるという話

 普段の朝飯はバナナ1本という、小坂先生もビックリのただれた食生活の私ですが、休日の朝食はちょっと手の込んだものを作ることにしています。ニンニクチャーハン、ニラ餃子、フライドチキン、ダブル親子丼(つまり「具・メシ・具・メシ」の二層構造)、ト...
本・コミック

大橋ツヨシ先生の「オハヨー!半世紀高校」の1巻が出やがった!

 ということで、前回、大橋ツヨシ先生の帰還をご報告させていただいたわけですが、あの時は第1巻の発売直前で、その上ネットに公開されている内容はごくわずか、しかも私には雑誌連載を読む習慣がなかったため、大橋ツヨシ帰還凱旋来日万歳記念作品「オハヨ...
本・コミック

中島敦 「李陵・山月記」

 今回ご紹介する作品は、戦前日本の夭折の文学作家、中島敦の「李陵・山月記」であります。普段はSFばっかし読んでいる私ですが、むかしむかし、大正、昭和初期の日本文学も大好きです。特に内田百閒の随筆は今読んでも爆笑ものですし、夏目漱石の「猫」は...
IT関連

オンライン学習について調べてみた

みなさん、随分ご無沙汰しまって申し訳ありません。 特に精力的に更新してくださっている「todome」氏に申し訳ない気持ちです。 プライベートでも仕事でもばたばたしていたのですが、体力的にも少し余裕ができたのか、前々からやりたかっ...
本・コミック

小坂俊史 「ラジ娘のひみつ」

 さて熱帯雨林をさまよった挙句、ようやく小坂先生の作品(新婚よそじのメシ事情)に触れることが出来た私ですが、このように熱帯雨林でステキな作家さんを見つけると、私は必ず「その作家さんの作品をデビュー作から辿る」ということをします。 まだ駆け出...
ゲーム

いにしえゲーム血風録 十九回裏「レイフォース(X-LAY編)」

 レイフォースが発売された1994年と言いますと、私は絶賛ゲーセン小僧中の高校生でありまして、慣れ親しんだナムコ系ゲーセン「キャロット」から遠く離れた高校へバスで通っておりました(バカだったのでそこしか入れなかった)。 当時のゲーセンは風営...
グルメ

日清 「ラ王 復刻版しょうゆ」

 さて、その日も用もなくカップ麺売り場をうろつく私でして、というのも翌日は仕事が休みでして、ですから朝飯にニンニクガッツリの炒飯でもこしらえて、そのお供にカップ麺でもぶつけてやろうと画策したわけです。あ、用があったねぇ。 で、いつもはトンコ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました