なぞ

くらし
スポンサーリンク

 昔「グーニーズ」という映画があり、FCでゲーム化されたり何だったりと大人気だったのだが、主人公のグループの一人が敵対グループの一人であるトロイという少年に向かってこんなセリフを言っていた。

「脳みそがトロいからトロイなんだ!」

 これを見た当時の私はゲラゲラと笑い転げたものだが、21世紀の今日においてフト思い直してみると、これは愚鈍であるという意味の「トロい」と名前の「トロイ」を掛けているわけで、しかしこのトンチは日本語でしか成り立たない内容である。

 果たしてオリジナルの英語版ではどういうセリフだったのだろうか?謎だ。

 

 私は傍から見て可哀想なほど歴史が苦手であるが、それでも中学時代のとある語呂合わせだけは今でも覚えている。それはいわゆる「アヘン戦争(1840年)」の語呂合わせであり、A先生曰く、

「アヘン吸ってもイイわよ」(いいわよ=1840)

 であった。実にロックな覚え方であるが、しかし今思い出してみると、A先生はいつも陽気で、というかテンションが高く、いつもニコニコしており、というか笑顔以外は見たことがなかった。

 …まさか。もしや。ひょっとして。謎だ。

 

 志村けん師匠が亡くなって一カ月経つが、師匠の持ちネタ「だっふんだ」について疑問が湧いた。検索してみると「だっふんだ」はせきやくしゃみを擬音化したものであるとされているが、正直せきやくしゃみがそんな風に聞こえたことはない。

 むしろ私には「だっふんだ」は「脱糞だ」という風に聞こえる。つまり変なおじさんは周りを取り囲まれて万事休す、ウンコを漏らしてしまったのである。そういえば変なおじさんのピンクの股引の股間がやや茶色かったような…。

 そういえば盟友の加トちゃんの持ちネタに「うんこチンチン」というのがあった。これは果たして偶然なのだろうか。謎…か?

 

 学生時代、九州ゆかりの先輩に博多銘菓「博多ぶらぶら」のCMを見せてもらった。こんな内容である。

hakata-burabura 博多ぶらぶら

 …脱力キャラクターといい、珍妙な歌詞といい、最後にUFOにさらわれてしまうくだりといい、「一口食べたら忘られぬ」どころか、食べるまでもなく忘られぬ代物であり、もうこれは謎しかないと言えましょう。

 

 うむ、世の中謎だらけだ。うん。

読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m
1+
The following two tabs change content below.

todome

過去のホームページ時代より寄稿させていただいておりましたが、とある作品を完結させぬままに十数年すっかり忘れ、この度親方の号令により、再び参加と相成りました、todomeと申します。 主に小話を寄稿させておりますが、マンガ、ゲームにつきましても、今後ご紹介させていただこうかと思っております。どうぞお付き合いください。

最新記事 by todome (全て見る)

コメント

タイトルとURLをコピーしました