きになるお年頃の巻

くらし
スポンサーリンク

「山田~!」

「なんだよ鈴木。」

「久しぶりにセガールごっこしようぜ!」

「お、いいな。先攻は譲ろう。」

「『オレはお前を許さない、お前もオレを許さない。違うか?』」

「『匿ってくれて感謝する。ここは暖かかった。』」

「「言いそう~!セガール言いそう~!」」

「あの~、お二人さん。」

「お、帰宅部キャプテンでリーダーの吉田。どうしたよ。」

「ちょっと疑問に思うことがあってな、二人の意見を聞きたいのよ。」

「まあッ!恋?ねぇ、恋?」

「オレは委員長なんて良いと思うぞ。」

「違うよ。いいから聞け。」

「「分かりました。」」

「この間ドラッグストアで栄養ドリンクを買ったんだがな、ここでフト思ったのだ。」

「こんなもん効きやしねぇよ、オレには愛が必要なんだってか。」

「まあッ!やっぱ恋?」

「黙れ、そして聞け。でな、レジの人の気持ちはどんなんだろうな、と。」

「レジ?」

「きれいなおねえさん?」

「おばあさんだったがな、もしかしてオレの事を疲れてる人と思ってやしないかと。」

「は?」

「オレはドリンクのあの味が好きで飲んでるだけで、疲れてるわけでないのよ。」

「はぁ。」

「でもレジの人から見れば、オレはクタクタに疲れてる人と捉えられているわけだよ。」

「ははあ、何を買うかで自分の状態を見透かされてるのではないか、と。」

「そう。みんなはどうなのよ。鈴木はそんなこと考えないか?」

「確かにエロ本を買う時は、自分がエロス人のように思われないか気になる。」

「いや、エロ本買うのはエロス人だろう。間違いない。」

「そうか、すまん。山田はどうだ。」

「そうだな、参考書とかかな。スゲェ賢い大学のヤツを買う時は滾る。震える。」

「『この人賢い人だわ!』みたいな?」

「いや、『この身の程知らずが!』みたいな。」

「そんなに自分を卑下するのはおよしよ。」

「そういえば姉ちゃんもバイト先のスーパーでレジやってるんだが。」

「おおぅ!オレの女神!どこのスーパーだ!?」

「鈴木はホント、オレの姉ちゃん大好きだな。」

「え?オレも好きだぞ、山田の姉ちゃん。」

「吉田もか。写真いるか?」

「そこまでじゃない。」

「なんだとぅ!」

「すまん、鈴木、悪かった。だから山田の姉ちゃんはお前に譲る。」

「やった!」

「…でな、おっさんが惣菜とかカップ麺とか買ってるのを見るとな。」

「この話の流れだとディスってるな…。」

「いや、『もっとちゃんとしたもの食べれば良いのに』と可哀想になるそうだ。」

「優しいなァ。惚れ直しちまうよ。」

「恋するのは自由だが、愛にはさせんぞ。」

「いけず。」

「で、吉田部長の言う事も一理あるようだ。」

「オレは部長ではないが、ともかく、みんなあるわけだ。」

「他はどうだろう。あ、委員長!聞いてくれ!」

「だから私は委員長じゃないってば。」

「実はコレコレシカジカ。」

「…思春期の自意識過剰でしょ?そもそも『買う=欲求』なんだし。」

 

「「「…むぅ。」」」

読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m
The following two tabs change content below.

todome

過去のホームページ時代より寄稿させていただいておりましたが、とある作品を完結させぬままに十数年すっかり忘れ、この度親方の号令により、再び参加と相成りました、todomeと申します。 主に小話を寄稿させておりますが、マンガ、ゲームにつきましても、今後ご紹介させていただこうかと思っております。どうぞお付き合いください。
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました