鼻を殴られろの巻(三ツ矢特製レモネード)

グルメ
スポンサーリンク

 今回ご紹介するのは三ツ矢サイダーでおなじみのアサヒ飲料から「三ツ矢特製レモネード」であります。実は私、昔おたふくかぜをやっちまった時、何も食べられなかった私を見かねてオカンがこしらえてくれたのを飲んで以来、レモネードが大好きなのです。

 さて最近は様々なメーカーからレモネードが発売されており、アサヒ飲料も前に「三ツ矢レモネード」ってのが出していたんですが、正直そんなでもなかったのでご紹介しませんでした。というのは、どの商品もレモンの香りと酸味は感じられましたが、しかしレモネードに一番必要な「ある要素」が全くもって欠けていたからです。レモネード狂いの私はそう簡単に籠絡されませんよ。

 ですから今回の商品もレモネードではあるものの「これは本当のホンモノのレモネードかしら」と疑惑の目を向けてしまったとしても誰も責めることは出来ますまい。とはいえ、飲んでみなくちゃ分からない、チョコは食べて見なくちゃ分からない(フォレスト・ガンプ)、ということで、新発売で安売りしているのをいいことに買ってみた次第であります。

 で、いつも通り新製品はパッケージのぐるりを眺める私です。そこにはやたらに「皮」をプッシュしておりました。これを見て私の眦(まなじり:目尻、目つきのこと)が険しく固まり、しかし次の瞬間には愛おしげに緩んだのを、タンスの家のリラックマは満足気に眺めておられましたとさ(私はコリラックマの方が好き)

 これは期待できるやもしれぬ。即座にそう思いましたねぇ。で、期待を込めて栓を開けますと、素晴らしい檸檬(敢えて漢字)の香り。それは果汁の香りではなく、皮からしか感じられない渋みを含んだ香りでありました。そして飲んでみますと、控えめな甘さに鼻を突き抜ける檸檬、そしてわずかな苦み…。

 そう、レモネードにおいて最も重要な要素とは「皮の苦み」であり、これがあるからこそレモンの香りと酸味が引き立つのです。あぁ、とうとう私の心をつらまえる(「つかまえる」の意:昔の日本語)レモネードが出てきてしまった。もうアサヒ飲料にシャッポ脱いで最敬礼するしかありません。私は目元に涙を浮かべながら満足気に軽く頷き、それをダッシュボードの上のシナモロールが見るとはなしに眺めておられましたとさ(誇張アリ)

 ということで、令和きっての傑作の誕生であります(誇張ナシ)。是非皆様にもこのエルドラードを体験していただき、新製品によくある「季節が変わってサヨウナラ」にならないよう、ガンガン購入していただきたいと思います。ついにレモネードの夜明けが来たばい!

読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m
0
The following two tabs change content below.

todome

過去のホームページ時代より寄稿させていただいておりましたが、とある作品を完結させぬままに十数年すっかり忘れ、この度親方の号令により、再び参加と相成りました、todomeと申します。 主に小話を寄稿させておりますが、マンガ、ゲームにつきましても、今後ご紹介させていただこうかと思っております。どうぞお付き合いください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました